カテゴリ:おとしん( 10 )

『オトシンが好きだ!』-「並オトシン」の検証

皆さん、こんばんは。気まぐれybkjです。。。

b0088646_0285556.jpg

世間一般的に、やはり「オトシンクルス」は見事なまでに誤解されているという事がよ~く判りました。。。
これって、一体のだれの仕業なんだろう。。。
こんなに可愛くて華奢なよい子達なのに、コケをちょっと上手に取るというだけで、どれだけの小さな命が消費されていってしまったのだろう・・・。



ちゃも君・・・、ぼ・ぼくはね、や・やっぱりさ、、、



『オトシンが好きだ!!』




そんなこんなで、「並オトシン」と呼ばれ、普通に「オトシン」として売られている「オトシンクルス」をしっかりと検証してみましょう。
しかし、ただ闇雲に“姿かたち”で追いかけたところで、種類を見極めるには複雑過ぎます。。。
ですので、産地、もっと単純に『どの国の“便”』からはるばるやって来たのかをクローズアップすることで、一つの解決策を見出したいと思います。

そんな訳で、、、


2008年枝支部ヴァージョンでお届けします。

「並」で悪かったな(怒
[PR]

by ybkj | 2008-03-01 02:09 | おとしん

「オトシンクルス」の飼育条件とエサについて。

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。

水槽を始めて、一番最初にぶち当たる悩み、、、それが「コケ」なのですが・・・。

悲しい事に、「コケ」が生えてくる忌まわしさにばかり気を取られ、肝心な部分を疎かにされているアクアリストの多い事多い事・・・。
水槽を管理していく上で「コケ」もまた、重要な要素だと言うのに・・・。

おっとっと、、、いきなり喧嘩ごしなのは映画「パッチギ」を観ていたからでしょうか??

それはさておき、今日は、『コケ取り要員』だの『コケ取り部隊』だの『コケ取り名人』だの、、、けったいなあだ名を付けられて、無駄に消費されていく「オトシンクルス」の飼育条件とエサについて、少し話してみたいと思います。。。


Otocinclus macrospilus Eigenmann & Allen, 1942
b0088646_043925.jpg
石に着生している緑色のポツポツこけを食んでいます。


※先に断っておきます。。。今日のお話しは「オトシンクルス」のお話しですので、「ヒソノタス」、「パロトシンクルス」、「ヒポプトポマ」、「コルンバタイヤ」等々、他の『オトシン』と通称されている種類のお魚には当てはまらない事の方が多いのでご注意下さい。


to the deeper side
[PR]

by ybkj | 2007-05-19 02:06 | おとしん

「スキゾレシス・グンテリィ」喰いよったぁ~。。。

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです・・・。

アクアとは奥の深~い趣味でありまして、、、生き物を扱うが故に起こり得る「ハプニング」・・・。
まさか、こんな形でこのお魚に裏切られるなんて・・・(爆。



Schizolecis guntheri (Miranda-Ribeiro, 1918)
b0088646_0493283.jpg
いつも眠そうな顔しています・・・。



『一種入魂』でご紹介した「スキゾレシス・グンテリィ」ですが、一部記事の内容に“嘘”がありました。

いや、嘘というより“発見”としたほうが良いのかもしれません。。。
しかし、私としてはかなり長い時間を費やして本種をじっくり観察し、文献を読み下し、海外のフォーラムを参照し、時間と興味の許す限り情報を収集して、自信を持って『一種入魂』で記事をお届けしたのですから、善くも悪くも、裏切られたような気がします・・・。



b0088646_052351.jpg


本種「スキゾレシス・グンテリィ」は、周囲環境に合わせて体色を巧みに変えることが出来ます。一見調子が悪そうな色をしていますが、決してそうではありません(笑。。。
底砂である田砂の明るいベージュ系色にしっかり自分の色を合わせて、カモフラージュしているのです。。。

つい先日までは底に降りてくることがほとんど無かった本種なのですが、最近、複数の「S.グンテリィ」が底でモゾモゾしているのをよく目撃するようになりました。。。



どうして??

やっぱりお肉はうんまいよねぇ
[PR]

by ybkj | 2007-04-21 01:31 | おとしん

「オトシンクルス」の簡単で複雑な見分け方。。。

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。。。

今日のお題目は、ある意味「オトシンクルス」ファン必見の内容となるに違いありません。


『オトシン』と呼ばれるお魚はとても種類が多く、範囲が広いのですが、「オトシンクルス属」となるとたかが知れています。せいぜい15種類ほどでしょうか?最近の新種同定では、「オトシンクルス・コカマ」、いわゆる「ゼブラ・オトシン」だったり、尾びれ模様のバットマンマークが名前の由来となった「オトシンクルス・バットマニィ」だったり・・・。


b0088646_018396.jpg

Otocinclus hoppei Ribeiro, 1939


ところが、一般にショップで販売されている「オトシンクルス」は、そのほとんどがそのまま「オトシンクルス」として売られており、種類の表示はほぼ皆無と言っても過言ではありません。。。
人間に例えると、全て「鈴木」さんで売られているようなもの・・・?


それじゃ~、いくらなんでも「オトシンクルス」達が可哀想過ぎますので、枝支部へお越しの“マニアック”なアクアリスト向けに軽~っくそっと「オトシンクルス」の見分け方を伝授したいと思います!

細かい同定となると、最低でも1ヶ月は水槽で飼いこんでみないと、はっきりと種別の特徴を出現させる事は難しいのですが、ある程度の「グループ」的発想ならば、そんなに難しくなく種類の判別方法を覚える事が出来ます。


※ 「グループ分け」は、枝支部が勝手に行った作業で文献等には記載されていません。
   ybkjの私見による分類です。。。


to the deeper side
[PR]

by ybkj | 2007-03-27 00:29 | おとしん

「オトシン」いろいろ 4

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。

2004年08月に「オトシンクルス・コカマ」、俗に言う「ゼブラ・オトシン」が種として同定されてから暫く経ちます。。。その容姿は、『オトシンクルス属』の中でも飛びぬけて美しく、とても印象的なお魚でした。。。ペルー出身のお魚。ファロ支部はちょっと苦手・・・。



そして、それから約1年半後の2006年12月(つまりはつい先月なのですが)、『オトシンクルス属』に新たな仲間が加わりました!

もうすでにご存知の方もいらっしゃるでしょうが、ちょっとだけ、紹介することとします。


b0088646_23255526.jpg



Otocinclus batmani 「オトシンクルス・バットマニィ」 Pablo Lehman A., 2006

主な生息地は、コロンビアのRio Pureに流れ込む小さな支流、ペルーのイクィトスに近いアマゾン川なのだそうです。と言う事は、アマゾン川上流域にあたるわけですから、今までに流通している(混じりとして)可能性もありそうなお魚です・・・。

名前の由来は、アメリカンヒーロー、バットマンにちなんでつけられました。尾びれの模様が、“バットマン”のシンボルであるマークに酷似しているところが決めてになったようです!
インボイスならともかく、文献、しかも同定種としてアクセプトされた名前がコミックからつけられたとは、いかにも21世紀らしいと言うのでしょうかね・・・。

見た目、「O.マクロスピルス」や「O.ホッペィ」に似ている感じがします。。。



そして、今年早々、「ニューオトシンネグロ」でお馴染みの『コルンバタイア属』にも新しい種類が同定されました。
名前は、Corumbataia briskii 「コルンバタイア・ブリスキィ」 Ferreira & Ribeiro, 2007、と言うそうです。。。今まではトカンチンス川やアラグアイア川(広い意味でアマゾン川水系)からの個体が多く流通していましたが、この「C.ブリスキィ」は、パラグアイ水系のお魚です。とても興味深いお魚さんに違いありません。。。


両種とも、ご縁があったら、是非飼育してみたいお魚さんですね!!



そんじゃ、本日はオトシンを3種類ご紹介致します。。。プラス、コケについてもほんの少し。

3種類 + コケについて
[PR]

by ybkj | 2007-01-16 01:12 | おとしん

「オトシン」ニモ?

皆さん、こんばんは。。。今夜2発目のybkjです!


熱帯魚に限らず、お魚を飼育していると、不思議と「相性」みたいなものが顕著に現れて来たりしませんか?
どんなに経験を積んでも、また、どんなに努力をしても、上手く飼育できない種類が必ず出てきます。。。
これは正に「相性」としか言いようが無いのですが・・・。

そういう私にもしっかり「相性の悪い」お魚が居ます。。。しかも、そのほとんどが実は『オトシン』なのが笑えますが・・・。


b0088646_033672.jpg


その代表的なのが、この種類。。。Nannoptopoma sp. "Peru" 「ナンノプトポマ sp.“ペルー”」です。

2004年に、初お目見えしたペルー出身のこの『オトシン』。。。
当時の販売名は「ナンノプトポマ sp.“ゼブラ”」でした・・・。
発売と同時に飛びついたものですが、世間の“以外と簡単” “結構丈夫”と言う噂に反して、ファロ支部では、全くうまくキープできませんでした。

そして、この「ナンノプトポマ sp.“ペルー”」はその後、見事に市民権を得て、今では「入荷即完売」と言う事も珍しくない、超~人気魚になったのは言うまでもありません。。。


しかし、それにしても最近の販売名が頂けませんのねぇ・・・。なになに??

「ボルケーノ・オトシン」?顔が赤褐色に染まるのが溶岩っぽいから火山だそうで?
「ロボコップ・オトシン」?動きがロボットちっくだから?

言語道断、、、インボイスのセンスが悪すぎです。。。



とまぁ、いろんな意味でここ2年、全く興味を持つ事すらなかった「ナンノプトポマ sp.“ペルー”」、今年早々、信頼のおける大切な友人から譲り受ける事になりました・・・。
譲り受けた「ナンノプトポマ sp.“ペルー”」は、全部で3匹。3匹ともとっても状態がよく、さすがは手入れが整えられていた環境で飼育されていただけある!と言った感じです。氏は、お引越しにより飼えきれなくなったそうで、止む無く手放すことになりました。。。



氏曰く、「1匹だけな、片手なやっちゃが居るけど、調子は抜群だよ!この子、頑張り屋だし!!」。。。

Nimo
[PR]

by ybkj | 2007-01-11 00:47 | おとしん

「オトシン」いろいろ 3

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。。。

夕べ、NHK観ました?
私は不覚にも心から“感動”してしまいました!え?何が?ですって???
そりゃ~、あーた、「我が青春のキャンディーズ」にですよ!懐かしかったぁ~。。。


さてさて、それはさておき・・・。

オトシンの第3弾です。

3種類 + 1?
[PR]

by ybkj | 2006-12-06 01:18 | おとしん

「オトシン」いろいろ 2

皆さん、こんばんは。ybkjです。

ネタが全く思いつかないまま、つらつらと「撮り貯め」してあった写真を整理していたら、、、
まぁ~驚いたことに、なんとなんと「オトシン」の中々よい写真があるではあ~りませんか!

これなら、何とか「第2弾」が出来るぞ!

というわけで、お届け致します。



「ファロ支部」の水槽に泳いでいるオトシン達、Part 2!!

とりあえず、今日も5種類!
[PR]

by ybkj | 2006-09-23 01:52 | おとしん

「オトシン」いろいろ

皆さん、こんばんは。ybkjです。。。

めっきり涼しくなって、ようやく高水温の呪縛から開放されたようです。
早速、各水槽、扇風機を外し秋冬の準備を完了しました!!そうそう、ヒーターもONにしたっす。


ファロ支部には、枝(ファロウェラ)よりも多くオトシンが泳いでいます。。。
入荷があるとついつい状態が良いのを買ってしまい・・・。。。

元々、ちゃもさんが運営している休業中の「オトシンが好きだ」が、「ファロ支部」の本部ですから、、、支部にたくさん居たとしても、、、
まぁ~おかしくはないですよね!!

んな訳で、上手い具合に写真が撮れたところから、ファロ支部に居るオトシンを紹介していくと致しましょう!!

今日は、その第一弾です。

とりあえず、今日は5種類・・・
[PR]

by ybkj | 2006-09-15 01:04 | おとしん

エロモな「パロトシンクルス・マクリカウダ」

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。

先日、掲載致しましたマクリカウダのその後です。。。

エロモの初期症状を承知で購入したぷりぷりマクリカウダでした。
こんな個体はそう滅多にお目にかかれません。。。

もうちょっと「エロモナス」の症状が長引いてくれないと記事にならないんだっつうのぉ!



と言うわけで、、、

result
[PR]

by ybkj | 2006-07-14 01:11 | おとしん