カテゴリ:枝の分類( 13 )

「ファロウェラ・ハーナィ」2007夏 初上陸? (『枝支部』夏休み特別企画 第1弾)

残暑お見舞い申し上げます!!

『枝支部』活動を実質的に終了してから早いものでもうすぐ3ヶ月という月日が経とうとしていますが、皆様におかれましては、今年のクソ暑い夏をいかに上手く乗り切ろうか、と日々切磋琢磨、鋭意努力されて居られる事と存じます。
皆さん、ご無沙汰しておりました。ファロ支部ybkjです!!
『枝支部』活動を終了させて頂いたにも関わらず、連日、大変多くの方々にお越し頂いております。。。心から感謝申し上げます!



はてさて、お堅い「社交辞令」的ご挨拶はこの辺にして・・・っと。。。

今回、とても“珍しい”と言うか、私の知る限りでは、“日本初上陸”?と思われる、我が愛しのアイドル「枝」こと「ファロウェラ」を入手致しましたので、特別編としてご紹介したいと思います。



b0088646_22322196.jpg
特別な「枝」との出会いはいつも突然訪れます。。。とある某屋上熱帯魚売り場に予告なく入荷した「枝」。。。
販売名は「ファロウェラ sp.“アルゼンティナ”」でした。名前に表現されている通り、アルゼンチン便による入荷だったようです。通常「ファロウェラ」は、コロンビア便からの入荷が大多数を占め、たまにベネズエラ便(と言ってもコロンビア便と混ざっている可能性が高い)やペルー便に乗って入荷される程度なのですが。。。ブラジル便に限っては、ほとんど入荷がありません。。。
そんな中で“アルゼンチン便”からの入荷となれば、『枝支部』が放っておくわけありませんよ!!

管理が隅々まで行き届いたショップの水槽でご対面した時に思った第一印象は、
“おやっ?「ファロウェラ・オキシャリンチャ」??”
というものでした。。。本種は、ペルーやブラジルに跨る「アマゾン川上流域」に広く分布する「ファロウェラ」です。
それが何故、、、「パラグアイ川水系」のアルゼンチンから?。。。早速、課題が出来たのでした。



b0088646_2232368.jpg
早速、いつものように、特徴、数値から“種類”を同定してみましょう。

鼻(吻)の長さ ÷ 胸ビレの長さ = 1.9041
この数値は、「ファロウェラ」の一般種である「F.ビッタータ」に比べるととてつもなくロングノーズです。ここまで吻の長い「ファロウェラ」となると、種類がグンと絞られてきます。
『F.アマゾナ・グループ」からは、「F.ヘンリクェイ」「F.ルゴサ」など、
『F.ナッテレリィ・グループ』からは、「F.ナッテレリィ」、
『その他グループ』の「F.オキシャリンチャ」、「F.ハーナィ」、「F.レティキュラータ」
などが候補となります。。。まぁ、普通の「枝」ではないのは確かですが・・・。

ウロコの数は『3枚組』
『3枚組』となれば、必然的に『2枚組』の『F.アマゾナ・グループ』は脱落することになります。

胸ビレの長さ ÷ 胸ビレの付け根から尻ビレの付け根の長さ = 0.8602
この数値を考慮すると、「胸ビレの長さ」が「胸ビレの付け根から尻ビレの付け根の長さ」よりも長い(数値 >1.0000)のが特徴の、『F.ナッテレリィ・グループ』は除外されることになります。

残された可能性は、『その他グループ』に属する3種類 ;
-  Farlowella hahni Meinken 1937 『ファロウェラ・ハーナィ』
-  Farlowella oxyrryncha (Kner 1853) 『ファロウェラ・オキシャリンチャ』
-  Farlowella reticulata Boeseman 1971 『ファロウェラ・レティキュラータ』
という事になります。



b0088646_2233852.jpg
さて、上記の“お腹側”からの情報で、種類は3種類に絞られました。。。これ以上、絞る事は出来ないのでしょうか?
1997年にRetzer&Pageによって発表された文献では、身体的特徴や数値を体系的に比較分類されており、その項目は34項目に至ります。その細分化された身体的特徴の中でも、尾ビレの模様は、目で判断できる重要な同定要素となります。実際、「ファロウェラ」には5種類もの「尾ビレの模様」が存在しており、種類を判断する時の有効な手段となっているのです。

そこで、上の写真を見ていただくと、このお魚の尾ビレは、「上半分が塗りつぶされていて、下半分は先のほうだけが濃くなっている」、という特徴が見て取れます。そして、この特徴を兼ね備えた「ファロウェラ」は、
-  Farlowella hahni Meinken 1937 『ファロウェラ・ハーナィ』
-  Farlowella oxyrryncha (Kner 1853) 『ファロウェラ・オキシャリンチャ』
となり、残念ながら『F.レティキュラータ』は脱落することになります。。。




b0088646_22331785.jpg
果たして、このお魚の正体は一体・・・。
手前にピンボケで写りこんでいる、まぁいわゆる“普通”のファロウェラ(「F.ビッタータ」)と比較して頂ければ、この個体の大きさが判って頂けると思います!でかい!!


もういっちょ、「F.ビッタータ」と顔つきや模様を、比較してみましょう!
b0088646_22332810.jpg
b0088646_22333894.jpg
余計な言葉は要らないかも知れないですね・・・。。。「F.ビッタータ」も良いですが、このお魚にはワイルドな趣きがあります。。。



b0088646_22324761.jpg
威風堂々!3匹入手できた中で一番大きな個体。大きさは20cmSLをやや超えるぐらい。。。「ファロウェラ」の中でも大型に属するお魚です。

さて、長く引っ張って来ましたので、そろそろ結論に入りたいと思います。

最後まで候補として残った、2種類の「ファロウェラ」。。。『F.ハーナィ』と『F.オキシャリンチャ』。上述の文献によると、
この2種類の「ファロウェラ」は、34項目の身体的特徴及び数値がほぼ同一であり、この分類法では、区別がつかない!
とされています。但し、唯一違う点として地理的要因が決定打であると記載されています。

つまりは、ペルー、ブラジル北部、ベネズエラを跨ぐ『アマゾン川上流域及びアマゾン川水系』に生息する『F.オキシャリンチャ』(一部『オリノコ水系』にも生息している)と、ブラジル南部、アルゼンチンを跨ぐ『パラグアイ水系パラナ川』に生息している『F.ハーナィ』の違いは、身体的特徴は同一でも、生息水域がかけ離れている事から、違う種類の「ファロウェラ」として記載しても矛盾しない、という事なのだそうです。


という事で、このお魚は、最初に申し上げたとおり、「アルゼンチン便」ではるばるやってきました。ですので、


Farlowella hahni Meinken 1937 『ファロウェラ・ハーナィ』

であると断言出来ます。。。


ふ~、、、奥が深い。。。

ロリカリア アディクション
[PR]

by ybkj | 2007-08-22 22:34 | 枝の分類

「ファロウェラcf.ビッタータ」現る!!

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。

5月もこの時期になると、「ファロウェラ」の入荷・流通が一段落つくようで、めっきり販売水槽からその姿を消しつつあります。。。
今年も「枝」のベストシーズンが終わりを告げようとしているんですねぇ~(寂。。。

我が『枝支部』は、今年も欠員補充がほぼ終了しており、状態よくキープ出来た個体が35本~40本になりました!
これからは、しっかりと栄養をつけて真夏に備えます。


さて、今年の入荷を顧みますと、まぁ、例年通りの入荷と言った感じでしたが、寂しい事にペルー便がありませんでした。。。
ファロ支部としてはペルー便に期待を寄せていたのですが、便に「枝」が乗っていないとなれば、仕方が無いですね・・・。
去年の同時期には、ペルー便で「ファロウェラ・コロンビエンシス」が入荷したのですが、今年は来ていません。残念。。。



Farlowella vittata Myers 1942
b0088646_0182237.jpg
いつものように、比較の為、典型的な「F.ビッタータ」の写真を掲載しておきます。

「ファロウェラ・ビッタータ」の特徴は、

- 『鼻(吻)の長さ』 ÷ 『胸ビレの長さ』 > 1.0 (1.0以上)      
- 『胸ビレの長さ』 ÷ 『胸ビレの付け根から腹ビレの付け根の長さ』 < 0.9 (0.9未満)




果たして、本日の主役、、、問題のお魚さんはいかに・・・。。。


(今日のお話しはかなりディープにマニアックなので、ご興味の無いお方は華麗にスルーして下さい。。。)

to the deeper side
[PR]

by ybkj | 2007-05-23 01:40 | 枝の分類

「ファロウェラsp.」としか言えない・・・。

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。


今日のお題は;-

先日ご紹介した「ファロウェラ・ベネズエレンシス」のお話しの最後に予告致しました「鼻の短いファロウェラ」のお話しとご紹介です。。。

先日のエントリーでは、こう書きました、、、
とっても「鼻が短い」子なんです。。。


どのくらい短いのか?と、言いますと・・・。


b0088646_071386.jpg
うわぁ~、短けぇ~~。。。




ん、よく判らないですか??

to the deeper side
[PR]

by ybkj | 2007-04-26 01:09 | 枝の分類

「ファロウェラ・ベネズエレンシス」?それとも「F.コロンビエンシス」の可能性?

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。。。

先日、とあるショップで見つけた「枝」なのですが、明らかに“混じり”の匂いを漂わせていました。



b0088646_23442253.jpg


パッと見た目、何がどう違うのか?なんて、全く判らないと思います。上の写真を見る限り、何の変哲も無い「ファロウェラ」に見えますよね。。。

しかし、「枝」ばかりを何年も追い続けているybkjには、一発で、

むむっ、何者??

となるわけです(核爆。。。




b0088646_23474265.jpg


隣と言うか後ろに写っているのは、まぁ普通の「ファロウェラ・ビッタータ」です。体色の違いが一目瞭然、はっきりと判別できると思います。

先日のエントリーで、『2枚組で頭が大きく』て、『緑っぽい茶色』をしていて、『水槽の隅っこ』の方でいじけていれば、「ファロウェラ・ベネズエレンシス」の可能性が高いと申し上げました。。。


果たして、本当なのでしょうか・・・。


ちなみに本種は、『F.アクス』グループの『2枚組』です。『F.アクス』グループは、
- F.アクス
- F.コロンビエンシス
- F.マルティニィ
- F.ベネズエレンシス
- F.ビッタータ

の5種類の記載種から構成されています。

to the deeper side
[PR]

by ybkj | 2007-04-17 01:07 | 枝の分類

「ファロウェラ・ナッテレリィ」の紹介。

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。。。

私が住んでいる最寄の駅には、今はやりの「アウトレット」があります。。。
場所柄なのでしょうか、、、閉店時間が他の地域よりもやや早く20:00なのです。

その20:00を3分ほど過ぎたところで、若いカップルが開かない自動ドアの前で会話をしていました。

その時の会話です。(通りすがりに聞こえてきました。。。)

彼女:「ねぇねぇ、やってなくなーい?
彼氏:「え、まじ?やってるくさくねぇ。

いえね、言ってる意味は解りましたよ!でもね、こうなんと言うか、オジサンの脳みそにはこの手の会話がすんなり“母国語”として入ってこないんですよね。。。頭のどこかで、“日本語”に訳している気がするんです・・・。言うなれば、通訳みたいな感覚に似てて。。。
あっ、ちなみに、今の若者口調で上の会話を読んで頂くと、臨場感が出るかと思います。。。



さてさて本日は、、、ファロウェラ26種類7グループの中で、最も数多くの種類(6種類)を擁する『3枚組』は「F.ナッテレリィ」グループのフラッグシップ的お魚のご紹介です。


b0088646_2234507.jpg


Farlowella nattereri Steindachner, 1910

Junior Synonym(同種異名);-           ロカリティ ;-
Farlowella acestrichthys Pearson, 1924   Rio Beni, Bolivia
Farlowella azygia Eigenmann & Vance, 1917  Santerem, Brazil
Farlowella hargreavesi Eigenmann, 1912    Guyana


※「ロングノーズ・ファロウェラ」と呼ばれてたくさくねぇ?(こんな使い方でおけー?)
一般的な流通経路で取引されている「ファロウェラ」の中で、吻が長いのが本種です。そういった意味でも以前では、本種が「ロングノーズ・ファロウェラ」と呼ばれていたかもしれません。しかし、吻が長めなのは「F.ビッタータ」(雌雄差や地域差)にも見られるので、一概に「F.ナッテッレリィ」=「ロングノーズ・ファロウェラ」と結論付けできないのですが・・・。

More
[PR]

by ybkj | 2006-10-30 23:36 | 枝の分類

「ファロウェラ・オキシャリンチャ」の紹介

よっしゃー、一気に宿題かたすゾー!ybkjです・・・。。。


と言うわけで、当ブログのメイン・キャラクターになるはずだった「ファロウェラ・オキシャリンチャ」をご紹介致します。
“だった”わけですから、いまではもう死んで居ません(滝泪。。。
入手して5ヶ月ほどファロ支部で生活していましたが、あっけなく死にました。。。冷静に原因の検証も済ましています。。。

さて、本種は『3枚組』に属するファロウェラなのですが、文献では「身体的特徴に関連のないその他」グループに属しています。それにしても、言いにくい名前againです・・・。。。

b0088646_144222.jpg


Farlowella oxyrryncha Kner, 1853

Junior Synonym(同種異名);-
Farlowella gladius Boulenger, 1898


※ インボイス名は「ファロウェラ・アスー」でした。
この名前で入荷しました。。。体長が20cm~25cmほどで、その大きさは圧倒的!
しかし、文献で見てもこのサイズはMaxです。という事は、入荷した段階ですでにかなりのご老体であることは確かです。。。また、サイズの割には泳ぎが好きなようで、縦横無尽に泳いでいました。という事は、かなり大きな水槽でなければ、飼いきることなど不可能なわけで。。。ファロ支部の水槽は60x30x45ですが、小さ過ぎたようです。

また、同じ「ファロウェラ・アスー」で、Farlowella platorynchus Retzer & page , 1997 (ファロウェラ・プラトリンチャス)も入ったようです。このファロウェラは、昨年あたりに、「ジャイアント・ファロウェラ」もしくは「ジャイアント・ニードル・ファロウェラ」のインボイス名でも入荷したようです。。。

to the deeper side
[PR]

by ybkj | 2006-08-24 01:57 | 枝の分類

「ファロウェラ・ベネズエレンシス」の紹介

皆さん、こんばんは。。。ファロ支部ybkjです。

例年ですと、お盆を過ぎると朝方の水温がめっきり下がるので「ヒーター」の電源を入れる時期なのですが。。。サーモと逆サーモの温度設定を微妙に調節しないと、両方点いていることもある時期、、、のはずですが、今年は今週が一番水温が高い状態。。。どうなってんのぉ~。

ここのところ、エントリーをサボりがちでした。まぁ、夏休みの宿題と一緒で、月末にかけて一気にノルマ達成目指して頑張ろうと思いますので、宜しくお願いいたします!!


今日は、ファロウェラ『2枚組』、そして、ビッタータと同じ「F.acus」グループ所属の変り種、「ファロウェラ・ベネズエレンシス」を紹介したいと思います。

この辺から、ファロウェラの分類が非常に難しく、特徴も微妙になってきます。。。
『2枚組』の中で、一番流通量が多い「ファロウェラ・ビッタータ」と非常に特徴が似ており、若魚の状態では見分けがつきにくいのが難点です。。。また、ここに紹介する個体も同定するには微妙なところなのですが、その点は文献にも記載がありましたので、あわせてご紹介致します。


b0088646_2358431.jpg



Farlowella venezuelensis Martin Salazar, 1964

Junior Synonym(同種異名);-
Farlowella acus venezuelensis Martin Salazar, 1964


※「ショートノーズ・ファロウェラ」は本種??
以前から言われている「ショートノーズ・ファロウェラ」は、もしかしたら、本種だったのかもしれません。。。ただ、同じように“ショートノーズ”な「ファロウェラ・マリアエレナエ」(特にベネズエラ便)も存在しますので、やはり、明確な区別なしに、単に吻の長さでそう呼ばれていたと考えています。

to the deeper side
[PR]

by ybkj | 2006-08-24 00:59 | 枝の分類

新種!速報!!

皆さん、こんにちは。ファロ支部、ybkjです。

Farlowellaに新たな種類が発見、掲載されましたので、お知らせ致します!!

と言っても、具体的な活きた個体の写真があるわけでもなく。。。
当然流通なんてされていないでしょうから、単に「新種」が見っかったよーーー!ってだけなんですが・・・。


A) 名前:
Farlowella altocorpus Retzer, 2006 
「ファロウェラ・アルトカルパス」と読むのかな?

B) グループ:
The F.nattereri Species グループ
「F.ナッテレリィ」グループに属する仲間だそうです。と言うことは、『3枚組』です!
そして、このグループでは6番目の種類と言うことになります。

下に、このグループを再掲載しておきます。

The Farlowella nattereri Species グループ
○ Farlowella hasemani Eigenmann & Vance, 1917
○ Farlowella isbruckeri Retzer & Page, 1997
○ Farlowella jauruensis Eigenmann & Vance, 1917
★ Farlowella nattereri Steindachner, 1910
★ Farlowella odontotumulus Retzer & page, 1997


C) 産地。
Farlowella altocorpusは、ボリビアのLa Paz州にあるRio Coroico(Rio Beni流域)でのみ生息している種類のようです。。。



これで「ファロウェラ」は26種類になりました。そして、『F.ナッテレリィ』グループは、『F.アクス』グループ(5種類)を抜き、「ファロウェラ」の中で最大のグループになったわけです。。。

その割には、流通が少ないのはどういう訳なんだろう???、、、と、素朴な疑問を持ちつつ、昼飯食べに行ってきます!!


殴り書きにつき、読みにくいかもしれませんが、ご容赦下さい!




参考文献;-

Michael E. Retzer
Zootaxa 1282: 59 - 68 (2006)
「A new species of Farlowella Eigenmann and Eigenmann
(Siluriformes: Loricariidae), a stickcatfish from Bolivia」


b0088646_12183062.jpg

注)本文と写真は関係ありません・・・。
[PR]

by ybkj | 2006-08-09 12:21 | 枝の分類

「ファロウェラ・マリアエレナエ」の紹介。

皆さん、こんばんは。連夜登場のファロ支部ybkjです。

8月は何かと忙しい・・・、子供の夏休み、お盆、海水浴、そして出張などなど。。。
なので、ノルマ10エントリーのためにも早いうちに回数を稼いでおこうって言う魂胆です。


昨日は、『2枚組』の代表選手である「ファロウェラ・ビッタータ」をご紹介致しました。。。見分け方のコツを覚えれば、結構、簡単に見分けがつく事を判って頂けたと思います!

さて、今日は、もう一つの組である『3枚組』の代表選手をご紹介致します!!
名前は、ちょっと言いにくいのですが、「ファロウェラ・マリアエレナエ」と言います。


b0088646_2358734.jpg良いのが撮れたら差し替えます。見難くてスイマセン。お腹がポンポコリンなのは、卵を持っているから。















Farlowella mariaelenae Martin Salazar 1964

ロカリティ;-
Rio Meta上流域、Rio Guaviare、Rio Apure流域、Rio Orinoco流域

名前の由来;-
スペイン女性の名前、Maria Elenaにちなんでつけられたようです。



※ 「ファロウェラ・グラキリス」は「ファロウェラ・マリアエレナエ」。
この誤解も、「ファロウェラ・アクス」が「ファロウェラ・ビッタータ」同様に世界的に間違って流通しているようです。「ファロウェラ・グラキリス」も「ファロウェラ・アクス」と同じく、地域色の濃い種類で、観賞魚として流通することは滅多にないファロウェラです。採集される場所の違いからも誤解されていることが判ります。

to the deeper side
[PR]

by ybkj | 2006-08-02 00:37 | 枝の分類

「ファロウェラ・ビッタータ」の紹介。

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。

関東地方もようやく梅雨が明けましたが、夕べはとっても風が冷たかったですね。。。



では、早速、今日の本題に入ります。

前回、「ファロウェラ」の見分け方の基本として、『2枚組」と『3枚組』が居ることをご説明致しました。

今回は、『2枚組』の代表選手として、最も流通量が多い「ファロウェラ・ビッタータ」をご紹介いたします。。。
果たして、どんなお魚なのでしょうか??

b0088646_122884.jpg


Farlowella vittata Myers 1942

Junior Synonym(同種異名);-           ロカリティ ;-
Farlowella angsturae Martin Salazar 1964   Ciudad Bolivar
Farlowella guaracensis Martin Salazar 1964  Rio Guarico
Farlowella agustini Martin Salazar 1964    Rio Chirgua
Farlowella roncalli Martin Salazar 1964    Rio Tirgua


※ 「ファロウェラ・アクス」は「ファロウェラ・ビッタータ」。
実は、日本だけに限らず、世界各国で同じように誤解されているようです。現在、「ファロウェラ・アクス」と言う販売名で店頭に並んでいる、または図鑑などで紹介されている、もしくはショップや個人サイトで紹介されているファロウェラのほぼ全てがこの「ファロウェラ・ビッタータ」です。
中には違う種類のファロウェラの場合もありますが、本当のファロウェラ・アクスは一匹も居ません。。。(ただし、Planet Catfishと言うサイトではきちんと正確に区別されています)

to the deeper side
[PR]

by ybkj | 2006-08-01 01:47 | 枝の分類