カテゴリ:緑倶楽部( 13 )

祝!「緑倶楽部」復活!!

『お歳のわりには、意外と早く、くっつきましたね』・・・。

あぁ~、、、自分では若い若いと思っていても、もうそういう風に言われる歳になってしまったんねぇ~。歳には勝てんのぉ~。
判っていることを、改めて面と向かって言われると、案外ショックなもんです。。。

こんにちは。ybkj(やぶかじ)です。。。
私事で恐縮ですが、お陰さまで『小指』はすっかりよくなりました。
遅らばせながら、山に海に、それなりに過ぎ行く夏を楽しむ事が出来ました。妻と息子に感謝感謝!


b0088646_8391679.jpg



ついでに、『小指』の怪我で保険がおり・・・。
まぁ大した額ではありませんが、お陰さまで「緑倶楽部」を復活させる事が出来ました!!感謝感謝!!

えーえー、そうですとも。頂いた保険金を全て「グリーンダータテトラ」に使いましたって。。。






さてさて、マジメに行きますか。

旧「緑倶楽部」を失敗させてしまった反省点としては、

“色気を出して水草を大量に繁茂させてしまった”ことによる; ① 水草管理の複雑化 ② 水換えのタイミングの取り辛さ
“外部ろ過機を使った”ことによる; ③ ろ過能力の過大依存 ④ 水質管理の不徹底

など環境不適合の弊害の結果、いつの間にか、「グリーンダータテトラ」「グリーンファロウェラ」とも自然と数を減らしていってしまいました。
気がつくと「ディープレッドホタルテトラ」だけがやたらと元気な水槽に成り下がってしまいましたとさ。。。(泪

つまりは外見上の見栄えを気にしすぎたが故に、いつの間にか『お魚本位の飼育アプローチ』ではなく、『水槽全体のバランスを中心に整えるような管理』をしなければ、水槽を維持出来なくなってしまったのです。
気難しくない「カラシン」(例えば上述のように「ディープレッドホタルテトラ」等)ならば、後者の方法で十分飼育・育成を楽しめたと思います。しかし、ことの他、本種「Ammocryptocharax elegans」(通称:グリーンダータテトラ)と相棒「Acestridium dichromum」(通称:グリーンファロウェラ)には、あまりにも気を使わなさ過ぎだったのだと思います。水槽そのもののコンディションは大変重要なことですが、神経質なこれらのお魚には、それ以上に生体に対する環境管理が徹底されていないと、彼らの健康を長期に渡って維持出来ないってことのようです。

ちなみに、旧「緑倶楽部」は、30cmキューブ+エーハイム“緑筒”2211(サブストラットプロ200cc分)+2灯、で管理してました。

旧「緑倶楽部」を閉鎖したあとは、「L134」の繁殖から始まって、「オトシン・ネグロ」の自給自足、そして「Ap.カカトゥオイデス」の子育て・・・、と何だかんだで運用を続けており。。。そして、再び、新「緑倶楽部」として復活を果たした!、というわけです。リベンジというより、新たな気持ちでリトライしたい!!




b0088646_973815.jpg


という事で、新「緑倶楽部」は、単純明快に『お魚の育成のみを最重要視した』システムにしました。
言葉にするととっても大袈裟なのですが、実際はなんてことありません。。。
旧「緑倶楽部」システムとの違いは、ろ過が2211→スポンジフィルターになったことと、1灯にしたことです。底砂は厚さ3mm、ごく薄く敷く程度。水草は一切植えずに、「マツモ」と「ベトナムスプライト」を浮かしただけ。え?これって、アピスト水槽じゃん!?

その通り!で、子育て中の「ガブリチュー一族」を無理やり引越しさせ、そっくりそのまま買ってきた「グリーンダータテトラ」を入れたってわけです。以前にも記事に書きましたたように、「アピストグラマ」水槽管理を応用することこそが、このお魚の育成には最短距離のような気がしてなりません。
まっ、そうは言っても「グリーンダータテトラ」は覚悟が必要なお魚ですから、水質には最初から気を使ってます。
ガブリチューたち(「Ap.カカトゥオイデス」)を泳がせていたpHはだいたい5.5ぐらいでしたが、この部分だけ、ちょっといじってpH5.0きっかりでお迎えしました。




b0088646_9333618.jpg


スポンジフィルターを上手く使いこなす事、水質を長期間一定に保つ事、良質のエサを与える事、それらを徹底する事がこのお魚を長く楽しむのに必要です。
後は、、、相棒の「グリーンファロウェラ」を迎えるだけっすなぁ~。また、骨折してみるかね!?(核爆 うっしっし。




b0088646_9445375.jpg
b0088646_9451534.jpg
b0088646_9453784.jpg


上の写真の3匹は、全てオス個体ではないか・・・?、と思っています。体の模様が三者三様なのは、個体差と考えてよいと思います。環境によって体色変化できる本種ですから、多様な模様が、生活している環境によって変化するのは十分あり得る話です。
今回は新「緑倶楽部」紹介という事で、特に“グリーン”に輝く子たちのみを掲載してみました。その方がインパクトあるでしょ?(爆。
これらの子以外に、茶色くて大型の個体も何頭か居ます。こちらはメスではないか?、と屋上のお師匠さんもおっしゃっていましたが、はたして・・・。
私もその意見に賛成ですが、まぁ~これからじっくり観察します。。。




((追記 : 2008.08.27))


b0088646_11241995.jpg

メスと思われる“茶色い”「グリーンダータテトラ」です(苦笑。。。ようやく環境に慣れてきたようで、水槽の前面に出て来ましたので激写しました。。。
って言っても、、、写真の撮り方が不味かったですね・・・。大きさの対比が全く出来てません。
この個体は、62mmSLあります。上の“ビカビカ”「グリーンダータテトラ」が44mmSLですから、体長で約1.5倍ほど・・・。「どぜう」みたい(爆。。。

茶色くて大柄な個体、すなわち“メス”と思われる子達は3匹居るのですが、この子達はみな、それぞれに縄張りみたいなものを持っています。
縄張りというより、流木の下やスポンジフィルターの下、枯葉が重なっている隙間などに日中は身を潜めている性質があるようです。そして、近づく“メス”(茶色)にはちょっかいは出さず、近づく“オス”(緑色)には、果敢に挑みます。。。

底を絶えず徘徊、ウロウロしてはピッピッと喧嘩をし、ブィ~ンとホバリングをする“オス”と思われる小柄な緑の子とは対照的な性格をしているんですね。

こういう性質(習性)があるのを始めて知りました!


よく言われることですが、口がとても小さいので、エサはブラインを湧かして与えています。。。冷凍してしまったものより湧かしたての活きているブラインの方が食いが良いです。当たり前か・・・。
ちなみに、ミジンコ(ベランダのメダカ鉢から採って来た)も嬉しそうに食べてました。
水温は高めで吉、28度前後をしっかりキープ。多少の水流があると尚よいです。






見事に復活を遂げた 新「緑倶楽部」 でした。。。









(おまけ)

b0088646_1145429.jpg

日齢約100日を経過した「L-134」のうち、一番キレイな模様の子を撮ってみました。
一時期に比べると成長スピードが緩やかになった気がします。この個体で38mmSLです。
販売サイズまでもう少し!!

なつかしの80年代(魚は出てきません)
[PR]

by ybkj | 2008-08-21 18:27 | 緑倶楽部

「緑倶楽部」2年目の春。。。

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。。。

いつもお越し頂いているおじゃこな’日々のtkatsuさんからコメントを頂きました。

> 緑倶楽部はいかがですかー!?

と言う事で、約2ヶ月半ぶりに『緑倶楽部』の登場です。。。



今日は、ちょっと視点を変えて、『緑倶楽部』の1年目を振り返ってみましょう!



Ammocryptocharax elegans Weitzman & Kanazawa, 1976
b0088646_2341979.jpg

「アンモクリプトカラックス・エレガンス」、通称「グリーンダータテトラ」。枝支部では「緑秋刀魚」と呼んでいます。
華奢でカワイイ底棲性の「カラシン」・・・。


Acestridium dichromum Retzer, Nico & Provenzano, 1999
b0088646_23484728.jpg

「アセストリディゥム・ダイクロマム」、通称「グリーン・ファロウェラ」です。枝支部では「緑小枝」とか「緑楊枝」と呼んでいます。
飼育の難しいお魚さん・・・。



この2種類のお魚さんがメインの『緑倶楽部』、今でこそ安定した水槽環境ですが、立ち上げてから数ヶ月はなかなか大変でした・・・。

to the deeper side
[PR]

by ybkj | 2007-04-19 01:38 | 緑倶楽部

「緑倶楽部」治るには治ったのだが・・・

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。

今年に入ってから今日に至るまで、「枝支部」を名乗っている割には「ファロウェラ」の話題が少ないと、我ながら感じております(猛省・・・。

隠れ「枝」ファンの方々には、多大な失望感を抱かせてしまっていると思いますが、しっかりとネタをこさえてから
存分に「枝」を語りますので、もう少しお待ち下さい。。。


さて、今日は、先日お伝えしました、“何だか変な白いもの”が出来てしまった「グリーンダータテトラ」、その後の経過報告です。。。


b0088646_0554118.jpg

上手くピントが合わず、いまいち写真がよくないのですが・・・。(患部らへんにピントを合わせたつもり・・・)
一応、すっかり“白い物体”は取れました。ポロっと取れた訳ではなく、徐々に萎んでいって、終いには跡形も無く消えていました。
写真を見る限り、まだ少し患部らへんが赤っぽいですが、もうほとんど完治したと言っても良いでしょうか!?

この子は買ったときから「痩せっぽちチビすけ」でした。緑倶楽部に入れて既に半年近く経っているのですが、同時期に購入した他の子達は立派な「緑秋刀魚」に育っているにも関わらず、この子だけは、何となく病弱なひ弱っ子な雰囲気なんです。






b0088646_125715.jpg

「緑秋刀魚」お得意のポーズでばっちし決まっています!
色、目つき、太さ、ひれピン(ちょっと背ビレが裂けてますが・・・)、とても状態が良い子ですね!


それに比べて、、、

b0088646_153317.jpg

あれまぁ~・・・(哀。。。
何かとっても痛々しいです。。。しかし、お腹がポッコリとオレンジなのは、しっかりと「ブライン」を食べているから。。。
「グリーンダータ」は容姿に似合わず、同種間での小競り合いが非常に多いお魚です。エサの時間ともなれば、あっちでピッピ、こっちでピッピッピとそこらじゅうで喧嘩をしています。。。
で、見るからに弱弱しいこの子ですが、、、他のどの子よりも何故か喧嘩っ早く、近づく仲間が居ようものなら、果敢に自から仕掛けていくのです・・・。
ガリのくせして、気だけは強い(汗。。。

先ずはしっかりと食べて、大きくなって欲しいものです。。。


それにしても、この病気、一体なんだったのだろう??




そして、もう一匹。。。もはや、グリーンに戻らない個体が居ます。。。

b0088646_1224413.jpg

君は本当の本当に、「グリーンダータ」なのかぃ???(点々はエサのブライン)
今年発表された論文買わなきゃだめかなぁ~・・・。




[PR]

by ybkj | 2007-02-10 01:32 | 緑倶楽部

「緑倶楽部」問題発生!?

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。


今日の主役は「緑倶楽部」の住人、「グリーンダータテトラ」です。

このお魚の癖や飼育環境がだいぶ判ってきました。
思っていたほど虚弱なお魚ではないみたい・・・。それに考えていたほど、水の流れには強くないようです。。。かと言って、全く水が動かないのもマズい感じがします。程ほどが丁度よい・・・。
そして、このお魚を飼育するにあたって一番重要なのは、ズバリ“エサ”。。。「緑倶楽部」は、ブラインシュリンプしか与えていません。。。一日一回の給餌量はかなり多めで、撒布した後も30分は雪が降っているようにブラインが漂うくらいを目安に与えています。
で、水槽の水流ですが、そのブラインが「1秒に5cm」ぐらい移動するイメージが良いみたいです。。。


b0088646_051558.jpg

↑の個体は、「K2便」の“マニコレ産”でした。
マニコレというぐらいですから、ブラジルの“マディラ川”流域のお魚ということになるのでしょう。。。







b0088646_0542798.jpg

上手く茶色に化けますね。。。。茶色に変色する能力には固体差があるようです。。。




まぁ、概ね、順調な「緑秋刀魚」の飼育なのですが、

そんな上手いことばかりじゃ~ない。。。
[PR]

by ybkj | 2007-01-21 01:14 | 緑倶楽部

「緑倶楽部」の“茶色”?

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。。。

ここ3~4日、「ファロウェラ・ビッタータ」7匹がそわそわしています。オトシンクルス並みの「スクーリング」、こ、こわい・・・。
今までに、こんなにグルグル泳ぎ回る「枝」どもを観たことがないのですが。。。
何なの?
卵を産むの??(準備してないから、産んじゃダメだよ)
それとも、地震予知???(それは困る・・・)


さてさて、そういう今日も「ファロウェラ」をぶっちぎりますよー・・・(暴。。。



b0088646_0233561.jpg



「緑倶楽部」水槽を立ち上げてから、早いものでそろそろ1年が経とうとしています。だいぶ水槽として落ち着いてきましたし、ろ過の方も順調です。。。しかし、、、
問題はどうやって水草をトリミングするのか?、、、の一点に絞られていたのです。。。
植わっている水草は、「バリスネリア・ナナ」と「エキノドルス・アングスティフォリゥス」です。どちらともランナーで子株を増やしていくタイプで、去年の夏過ぎあたりには既に底砂が見えないぐらい覆われていました。。。(放ったらかし・・・)

で、いよいよ根が詰まったのか、勝手に増やさせすぎたのか、、、最近、とみに溶け始める水草が目立ち始めました。(当たり前じゃぃ)
なので、慣れない手つきで思い切って大量にトリミングしてみましたよ!

水草のトリミングなんて、やった事もないので、どうやっていいか判らず、適当に抜いていたら、チェーン状に繋がった子株がズルズルと際限なく連なって・・・。。。
途中から面倒になって、やけくそになりながら何とか自分なりに満足した頃には、すっかり水が濁ってしまって。。。それが、夕べの事でした。


そして今日。。。すっかり濁りも取れて、すっきりした水槽を観察していたら、、、


「ちょっと、ちょっと。“こんな色の子”居たっけ?」

b0088646_03253.jpg

『ん?おれのこと?』

君、グリーンダータだよね?
[PR]

by ybkj | 2007-01-07 01:11 | 緑倶楽部

「緑倶楽部」頑張ってます!

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。。。

9月、10月とお魚さんが卵を産んでくれたおかげで、いとも簡単に「自分ノルマ」を達成していましたが、今月は厳しいことが今から予想されており・・・。。。

ネタを探さねばなるまい・・・。


11月の1発目は、最近、とんとご無沙汰しておりました「緑倶楽部」を取り上げたいと思います。。。




b0088646_23474418.jpg



「緑倶楽部」は、30cmキューブ水槽にエーハイム2211という、よくある組み合わせです。。。ろ材は「サブストラット・プロ」普通のサイズのものをろ過槽半分くらい、、、そうですねぇ400cc分ぐらいだけ入れています。その上に青い円盤スポンジを半分にスライスしたものを乗っけていますが、白い細目円盤は使っていません。。。

底砂はブライトサンドです。つくづく田砂にしておけば良かったと、今更ながらほんのちょっと後悔しています。。。砂の締まりが早いと言われている「ブライトサンド」ですが、私的には土壌バクテリアがなかなか上手く定着しない砂って気がしています。

水草は、「エキノドルス・アングスティフォリゥス」と「バリスネリア・ナナ」。。。当初「バリスネリア・スピラリス」も一緒に植えたのですが完全に消えてしまいました。。。今では、先の2種類が勢力争いをしていて、とても手がつけられない程のジャングル状態です。。。(放って置いているツケが・・・)

どなたか、トリミングの仕方を教えてくださ~い!!






b0088646_2348266.jpg



水温は徹底して「28℃」をキープしています。夏場は29℃ぐらいまで上がった日もありましたが、特に問題は起こりませんでした。水質は、、、こちらも徹底して低pHにて管理しています。
具体的には、「pH4.0~pH4.5」の間です。

水換えは「pHが3.9以下」になったら行うようにしています。大体2週間に一回。。。量は、その時の水槽のコンディションを見ながら決めておりますが、せいぜい25%程度です。。。水換え後は、pHが5.0以上にならないように、それだけ注意しています。
そんぐらいのpHの違いは、お魚さんにはヘッチャラですが、ろ過バクテリアが調子を崩しかねませんので、せいぜい違いはpH1.0以内に留めておくよう心掛けています。。。

必ず入れるコンディショナーとして、「アクアセイフを規定量の1.5倍」と「ブラックウォーターの素を規定量やや多め(目分量)」を使っています。特にアクアセイフは、水換えによる急激な浸透圧のショックを和らげるのにとても有効だと考えておりますので、積極的に多く使っています。





b0088646_2352365.jpg


いつもの場所でエサを食べる「緑小枝」↑。。。頭を小刻みに左右に振って器用にブラインを食べています。「緑倶楽部」のエサは、ブラインのみ。。。話によると、イトミミズや冷凍アカムシも良いそうなのですが、与えたことはありません。
他の水槽分も含めて、10日分を湧かしては冷凍保存しています。。。面倒くさいのですが、あの食べっぷりを見てしまうと、湧かしてあげたくなるんですね!!



こんな飼い方、良い子のみんなは、絶対マネしないようにね!



と言うことで、「緑倶楽部」でした!



[PR]

by ybkj | 2006-11-01 23:58 | 緑倶楽部

「緑倶楽部」第3の住人

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。。。

後2つ・・・、で晴れて今月もノルマ達成!!
とは言うものの、前半は、「卵」ねたで引っ張っていたから、実際は、、、
やはり、つらい状況が続いていますなぁ。。。ネタ・・・。


b0088646_2324710.jpg



「緑倶楽部」、何の変わりもなく、今月の『熱帯魚ご予算』も既に底尽きてしまい、追加するお魚もなく。。。


ぽわーんと眺めていたら、ガン飛ばして来たお魚さんが居ました。

何、見てんじゃ、われぇ
[PR]

by ybkj | 2006-09-18 23:42 | 緑倶楽部

「緑倶楽部」06年夏の決算

ノルマノルマ。。。ファロ支部ybkjです。

順調そうに見える「ファロ支部緑倶楽部」、まぁ確かに、我ながらよくやっているな!と思います。最近、ちょっと萎えてきたのは事実なのですが・・・。

と言うのも、、、

決して安いお魚ではありませんし、入手も中々難しい。。。今年はもう入荷が無いのではないか?と思っていますし。。。





グリーンダータテトラの方は相性がよいのでしょうかね、、、「寿命と思しき白っちゃけた個体」が1匹と「飛び出し上陸自殺」が1匹の、2匹のみ(死因がはっきりしているので、納得しています)でした。。。

一方で、グリーンファロウェラは明暗がくっきりと分かれたと言えると思います。。。
元気な個体は元気で、すくすくと大きくなっています。。。思っていたより成長が早いお魚なのでびっくりしていますが・・・。

決算!
[PR]

by ybkj | 2006-09-11 23:30 | 緑倶楽部

「緑倶楽部」秋刀魚組は2種類?

おらぁ~、やけくその3連発じゃぃ~。ybkjです。

何でやけくそになっているかって?
それはね。。。我がJEF千葉がズビロ様に悔しい負け方をしたからです。。。
日本代表に選ばれた羽生(近所でよく見かける)選手、泣いとった・・・。。。



b0088646_21888.jpg

このグリーンダータは、マニコレ産として購入したお魚です。体高があるのが特徴かな?グリーン具合もとてもメタリックで、透明な緑のビニールの裏に銀紙を貼り付けたようなボディです。


b0088646_231610.jpg

あまりいい写真じゃないのですが。。。下に写っているのが「マニコレ産」で、上に写っているのが「リオ・プレト・ダ・エバ産」です。マニコレ産が横じま一本なのに対して、プレト産は、縞々君です。これって、雌雄差なのか、違う種類なのか・・・。。。

ただいま、研究中。




b0088646_273829.jpg

このお魚、「緑な秋刀魚」と思っていたけど、こう見ると、「緑な鰯」だなぁ~。。。





くっそぉ~。。。週末の福岡戦は絶対勝つぜ!!


[PR]

by ybkj | 2006-08-24 02:12 | 緑倶楽部

「緑倶楽部」人気スポット

皆さん、こんばんは。ファロ支部ybkjです。

明日から、近場に家族旅行なのですが、雷雨なんだとか・・・。。。
まぁ、日頃の行いは「まぁまぁ」ですから、まぁまぁの雷雨でしょう・・・?


皆さんの水槽は「水温計」をどうしてますか?
ファロ支部は、一目瞭然なので、全てデジタルです。。。最近、とてもコンパクトで邪魔にならないものがお気に入りです。
水中に沈めるデジタルなやつです。。。

初期不良っていう、メーカーには宿命みたいな時期を過ぎているはずなのに、液晶、弱いのが“玉に瑕”なのですが、ついつい2台目、3台目と購入してしまいます。。。

だって、

人気があるからさ!!
[PR]

by ybkj | 2006-08-11 23:43 | 緑倶楽部